高野山女人道(高野三山)

             楊柳山               転軸山            魔尼山

                   奥ノ院参道の風景です

祠にはお大師様が祀られています
祠にはお大師様が祀られています

 

 摩 尼 峠

 

祠には、お大師様がまつられています。祠に向かって右側に行くと摩尼の里にでます。摩尼とは宝珠(ほうしゅ)を表す仏像の頭の上のとがった珠のことです。摩尼の里には、摩尼七村と言って七つの村が在ります。その中で杖ヶ藪はお大師様

とのつながりが深く、お大師様が竹の杖で水の湧く場所を教えその杖を投げた場所が藪になった事から杖ヶ藪の名の由来です。村内には、五つの大師像がまつられています。杖ヶ藪では、御番雑事(ごばんぞうじ)と言って、月当番が旬の野菜などを各家から集め、当番の者が毎月21日までに高野山奥の院のお大師様にお供えするというものです。かつては、高野山周辺の村でも広く行われていた行事ですが、ほとんどの地域で途絶えましたが杖ヶ藪では最近まで行われていましたが高齢化が進み現代は行われていません。

役行者像
役行者像

 

 役行者像

 

像は修験道の聖地、大峯への道標です。道標には(役行者大峯山道しるべ)とある。役行者は修験道の開祖、神変大菩薩で、像は左手に独鈷、右手に杖を持ち足は下駄を履き、遥か遠く大峯山系を望んでいます。

 

                    摩尼峠付近の草花です

                   摩尼山へ登りの風景です

如意輪観音が祀られています
如意輪観音が祀られています

 

  摩 尼 山(1004m)

 

祠には、如意輪観音がまつられています。大師が如意宝珠を埋めたと伝えられている。【如意宝珠とは、あらゆる願いを叶えてくれる不思議な珠】役行者が住んでいたとも伝えられています。この付近は天然林が多く残されています。

                       三山の草花

黒子峠
黒子峠

 

 黒 子 峠

 

黒子道と女人道の接点になっています。黒河は、暗くて狭い谷と言う意味です。祠には桜地蔵がまつられています。祠に向かって左に下ると三本杉に出る。

 

昔、高野山は、鳴り物を禁じていました。ところが豊臣秀吉は、笛を吹き太鼓をたたき、又能を舞ったりしていたそうです。そうすると一転空は曇り雷が響き大雨になったそうです。豊臣秀吉はお大師様の怒りに触れたと思い、馬に乗って黒河道を駆けおり逃げ帰ったそうです。

                   楊柳山付近の風景と草花

楊柳山
楊柳山

 

 楊 柳 山(1008.5m)

 

三山で最も標高が高い。この付近にも天然林が多く,ぶな、ひめしゃら、栂(つが)樅(もみ)などが残されています。祠には、楊柳観音がまつられている。楊柳観音は中国33観音の一尊で、右手に柳の枝を持つ。別名「薬王菩薩」とも言い。あらゆる病を除く菩薩とされている。観音菩薩は、衆生救済のために33の化身に変化すると言われ、これが「西国三十三ヶ所巡礼」の信仰につながっていると言われています。一般に観音浄土は補佗洛山中に有るとされていますが、楊柳観音の浄土も奥の院の背後にそびえる幽玄な山、楊柳山だったのかも知れません。

粉継峠
粉継峠

 

 粉 継 峠

 

祠には、子安地蔵がまつられている。ここの子安地蔵は願いを良く叶えてくれるそうです、祠にある小石を持ち帰り布団の下に敷いて寝るとよいそうです。又、願いが叶ったときは、川原石を三個お返しするそうです。

 

最近の調査で、この地蔵石仏は、西暦1512年に、金剛峯寺座主「検校(けんぎょ)重任(ちょうにん)」が建立したことが判明、高野山の結界を示す道標だったとみられ、黒子道は重要な参拝道だたと考えられる。

 

 地蔵さんのよだれかけについて。幼子を亡くした母親は、死後も心配せずに居られません。成仏できたろうか、又三途の川で迷っているのではないだろうかと思いを巡らす時、今まで信仰してきた地蔵さんに子供の救済をお願いし、子供の特徴をつたえるが地蔵さんは、三途の川には同じような子供が沢山いるので探せないと言われ、母親は悩み考えて大切なことを思い出します、子供にお乳を飲ます時やおしめを取り替える時の臭いです。一番体臭のしみこんだよだれかけを地蔵さんに奉納し、この臭いで子供を捜して下さいとお願いをするのでした。

                   女人道の風景と草花です

転軸山弥勒菩薩の祠
転軸山弥勒菩薩の祠

 

 転 軸 山(915m)

 

祠には、弥勒菩薩がまつられています。大師が五尺の宝剣(不動明王の剣)を埋めたとされています。三山では、大師御廟に最も近い所にあります。

転軸山公園
転軸山公園

 

 転軸山公園


転軸山公園に到着しました。
この公園は高野町が整備した公園です。公園内を散策する遊歩道が作られています。また石楠花園や天体観察及ゲンジの森、バーベキューの施設が作られています。

 

黒子口女人堂跡
黒子口女人堂跡

   黒子口女人堂跡


黒子口女人堂跡は、高野町役場から東に峠を越えて少し下った道路の右上にあります。山が開かれ道路が造られて女人道が寸断されてしまいました。

女人道で一番高い高野三山コースを、ゆくりと語り部と歩いてみませんか。

興味のある方は、ご利用案内をお読みください。

 

 

<申し込みと問合せ先はこちらへ>

   高野みらい語り部の会事務局

   門 谷  均(かどたに ひとし)

   〒648-0263

   和歌山県伊都郡高野町花坂535-2

     Tel  F兼  0736-56-2900

     携帯電話 090-8827-6035

     E-mail  kadotani@rice.ocn.ne.jp

 

金剛三昧院の石楠花
金剛三昧院の石楠花

高野山開創1200年記念事業として再建された中門です。

中門に安置された四天王です。

持国天、多聞天、増長天、広目天